経営コンサルタントの将来的な売上向上は女性の起業家の依頼に掛かっている?

女性起業家との商談

女性起業家が注目を受ける昨今

 

各企業に対して適切な経営改善方法を提案する経営コンサルタントですが、従事する人材そのものは基本的に特別な資格も無く従事できるので業界への新規参入はしやすいと言えるでしょう。これによって、企業としての経営コンサルタントの経営環境も将来的には厳しさを増して行く見通しです。

 

このような経営コンサルタントの売上の向上のために期待されているのが、女性企業家に関するコンサルタント業務です。日本では労働の担い手はもちろん、経営を担える人材がなかなか見つけにくい状況となっています。近年において、中小企業M&Aも盛んになっていることがこのことを良く現しているでしょう。

 

しかし、これまで女性は家庭に留まることが中心だったことや職場でもそれほど責任のある地位に就くことが少なかったと言えます。その反面で、もっと女性に労働力として頑張ってもらおうと言う概念が強く芽生えて来ています。

 

当の女性の方も自宅で子育てをしながらネットでビジネスが出来ないかと模索する方も少なくなく、実際に切っ掛けはそれから始まって将来的に本格的なビジネスにまで発展したケースもあるわけです。

 

料理を作る女性

「女性は家事」という時代は古い?

 

男性とは異なる視点でビジネスを行うことができる女性は、新たな経営の担い手として国からも力強い存在として注目されている

 

そして、経営コンサルタントも女性が起業しやすくなるような情報提供やビジネスモデルの構築、さらに女性の新規起業ための融資制度なども紹介するなどの業務を強化していくとみられるでしょう。

 

現代日本では女性が如何に働きやすい職場を作るかどうかが更なる成長の大きなポイントとなっていて、経営コンサルタント自身もこの分野に行けるノウハウの蓄積を急速に進めています。

 

ただ、経営コンサルタントとしては女性が子育てをしながらも十分に起業できる仕組みを提案すべきでして、そのようなサービスの提供も自ら行っていくとコンサルタントの枠を超えた存在になり得るのです。

 

女性コンサルタントが女性経営者を理解し、力強くバックアップすることができる

 

そんなわけで、女性起業家もしくは女性経営者を支える使命が今日のコンサルタントにはあるのですが、やはり女性の気持ちを理解するのは、女性が一番向いているわけです。経営コンサルタントの中には女性の方も多く、コンサルタントを受ける側も相手が同性であることで、ある種の壁を始めから取り払った状態でスタートを切ることができるのは、大きなメリットと言うことができます。

 

田中雅子という経営コンサルモデル

 

女性の経営コンサルタントで著名な田中雅子氏は、数多くのインタビューや書籍が世に出ていますが、その言葉と思考には女性ならではの気遣いや理解力・切り口でコンサルタントを行っていることが感じられます。

男性の経営コンサルタントとして働かれている方も一度、田中雅子氏の書籍や発言に触れてみることで、今までとは違った角度からコンサルティングに望むことができるようになるかもしれません。

田中雅子氏の参考書籍 日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術

 

Comments are closed.