一般的に経営コンサルタントになるにはどのような資格持っているとなることができる?

経営コンサルタントという資格は存在しない

b4949ff6aed3d83afb09dcabce270929_s

一流のコンサルタントを目指そう!

一般的に経営コンサルタントと言うと非常に優秀で格の高い国家資格だと感じるようですが、これはあくまで仕事の名前でして資格名ではありません

また、経営コンサルタント業を行う際には何の資格も求められず、前職でそれに関連する経験を持っていれば自分で仕事を始めることが可能です。

 

しかし、それでも持っていれば経営コンサルタントとして有利な資格もあります。それがまさに中小企業診断士になるでしょう。

 

中小企業診断士は基本的に中小企業の経営相談を行う業務を行う者の国家資格として作られたので、経営コンサルタントの業務の趣旨とはピッタリであるためにその資格を持つものはコンサルタント業務において優位に立つことが出来るといえます。

 

独立開業率は3割弱

 

実際に中小企業診断士として登録している人の中においては、3割近くが独立しており、残りの7割強は企業に所属する「企業内診断士」として勤務しているというデータがあります。

 

独立しているという観点でこの数字を見た場合には、税理士、弁護士、不動産鑑定士などの資格保有者と比較した場合に、3割弱というのは低い数字ということができ、資格としての信用力としてはこれからに期待されるところです。

 

 

中小企業診断士の合格率は?

 

また、中小企業診断士自体の試験合格率も最近は20%台と非常に低くなっていて、平均受験者数は毎年1万人以上の一定数が存在していますので多くの方に非常に人気のある資格だと言う事が分かるでしょう。

044312

試験は1次試験と2次試験が存在し、1次試験においては科目数は実に7科目にものぼります。

 

実際にこの資格を前面に出してビジネスを展開しているコンサル企業や個人の事務所も多数存在します。

 

経営コンサルタントが保有するものとしてもう一つ知られている資格の中に、経営士というものも存在します。

Comments are closed.