人事評価は職場を問わない

会社によっては人事評価を行っている場合もあるでしょうが、人事評価というのは職業や職場を問わずに導入可能なシステムなのです。製造業や運送業、営業職や情報技術職、医療関連や商業関連の職場であっても人材育成や会社の質を向上させることができます。導入する必要がないのは公務員ぐらいなものでしょう。

人事評価を導入することによってどのような効果が得られるのかというと、社員のやる気を向上させることができます。社員のやる気が向上すれば、売り上げにも貢献してもらえるでしょう。売り上げが伸びれば会社も大きくなるので、不景気と増税で苦しんでいる人が多い現在では導入する企業も多くなっています。

社員のやる気が向上すれば、辞めていく人も少なくなるので、1から教える手間も省けますし、売り上げが上がれば昇給やボーナスも多く支給してもらえるでしょう。ここで社員に還元しないと不満が続出するので、やはり頑張った人にはきちんと還元するように経営コンサルティング業者でもアドバイスしています。

参考記事:田中雅子「ゼロからのリーダー学」

Comments are closed.