経営コンサルタントを使うことで気を付けたい未公開株取引!

信頼できそうな経営コンサルタントの男性

 

未公開株の斡旋にご注意

 

日本国内外と問わず、経営コンサルタントには金融系及び投資系のコンサルタント業務を行う企業が非常に多く存在しています。

さらに一部の業者になりますと、コンサルタント業務をメインに掲げていながらも投資ファンドを兼ねていることもあるでしょう。

このような場合は日本だけでなく海外、特シンガポールなどの優遇税制を持つ国家には拠点を置いていることも珍しくありません。しかし、このような経営コンサルタントに業務改善を依頼する場合に気をつけなければならないのは未公開株の斡旋になります。

(さらに…)

経営コンサルタントの将来的な売上向上は女性の起業家の依頼に掛かっている?

女性起業家との商談

女性起業家が注目を受ける昨今

 

各企業に対して適切な経営改善方法を提案する経営コンサルタントですが、従事する人材そのものは基本的に特別な資格も無く従事できるので業界への新規参入はしやすいと言えるでしょう。これによって、企業としての経営コンサルタントの経営環境も将来的には厳しさを増して行く見通しです。

 

このような経営コンサルタントの売上の向上のために期待されているのが、女性企業家に関するコンサルタント業務です。日本では労働の担い手はもちろん、経営を担える人材がなかなか見つけにくい状況となっています。近年において、中小企業M&Aも盛んになっていることがこのことを良く現しているでしょう。

(さらに…)

一般的に経営コンサルタントになるにはどのような資格持っているとなることができる?

経営コンサルタントという資格は存在しない

b4949ff6aed3d83afb09dcabce270929_s

一流のコンサルタントを目指そう!

一般的に経営コンサルタントと言うと非常に優秀で格の高い国家資格だと感じるようですが、これはあくまで仕事の名前でして資格名ではありません

また、経営コンサルタント業を行う際には何の資格も求められず、前職でそれに関連する経験を持っていれば自分で仕事を始めることが可能です。

(さらに…)

求人は人材の補充ではない

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

一般的に会社で人が足りなくなると求人を出して補充することが多いでしょうが、人材というのは補充すると捉えているようではいけません。人材は補充ではなく補強を目的に行うべきです。補充というのはただ人を雇えばよいという考え方にあてはまり、補強というのは戦力になる人材を雇うと解釈するべきでしょう。
しかし、いきなり入社してすぐに戦力になる人というのはいないので、まずは仕事に慣れてもらうことから始めるべきですが、この時に重要なのが人材の育成です。人数の少ない企業などは、いきなり職場へ行ってこれをやってくれと言われるだけという場合が多くなっていますが、これでは人材の補強ではなく補充になってしまいます。
やはり人を育てることができなければ人材の補強はできないので、具体的にどのような方法で行うべきなのかというアドバイスをもらうために、経営コンサルティング業者に相談してみましょう。人材育成がきちんとできれば、人員を補強して会社の力になることは間違いありません。

結果が全て

経営コンサルティング業者に相談した場合には、相談してアドバイスをもらった後に実行へ移し、しっかりと効果が出なければ話になりません。経営コンサルティング業者が信頼を勝ち取るためには、相談に訪れた企業の業績をアップさせるしか方法はないでしょう。経営コンサルティング業者も相談に来る企業も結果が全てなのです。
もし経営コンサルティング業者に相談をしても、効果が表れなければ二度と相談に来ることはないでしょう、経営コンサルティング業者側にしても、結果を出せなければ相談に来る業者の数はどんどん減少してしまいます。そのため、経営コンサルティング業者も必ず結果を出せるようなアドバイスをしなければいけません。
どのような企業でも売り上げを伸ばせる要素があるので、企業の特徴や改善するべき点をしっかりと把握できるだけの知識を持っているコンサルタントを育て上げる必要もあります。よく経営コンサルティング業者のホームページを見ると、実績が載っている場合があるのですが、それは成功事例なのです。

経営コンサルタント・田中雅子の仕事人生の土台を築いた、「働く意味」について教えてくれた本

人事評価は職場を問わない

会社によっては人事評価を行っている場合もあるでしょうが、人事評価というのは職業や職場を問わずに導入可能なシステムなのです。製造業や運送業、営業職や情報技術職、医療関連や商業関連の職場であっても人材育成や会社の質を向上させることができます。導入する必要がないのは公務員ぐらいなものでしょう。

人事評価を導入することによってどのような効果が得られるのかというと、社員のやる気を向上させることができます。社員のやる気が向上すれば、売り上げにも貢献してもらえるでしょう。売り上げが伸びれば会社も大きくなるので、不景気と増税で苦しんでいる人が多い現在では導入する企業も多くなっています。

社員のやる気が向上すれば、辞めていく人も少なくなるので、1から教える手間も省けますし、売り上げが上がれば昇給やボーナスも多く支給してもらえるでしょう。ここで社員に還元しないと不満が続出するので、やはり頑張った人にはきちんと還元するように経営コンサルティング業者でもアドバイスしています。

参考記事:田中雅子「ゼロからのリーダー学」

簡単な勉強の方法

経営コンサルティング会社に就職したいという人や、独立を考えているという人は、自分自身でも勉強をしていく必要があるのですが、いきなり難しい内容から勉強しても意味がありませんので、まずは最も簡単な方法で勉強をしていくのがお勧めです。では、最も簡単な勉強方法とは何なのでしょうか。
それは全くお金をかけないで勉強できる方法なのですが、経営コンサルティング会社に勤務している人や、その道の専門家が発行しているメールマガジンに登録する方法です。メールマガジンは基本的に無料ですし、中には頻繁に発行している場合もあるので、1番最初に勉強をするには最適と言えるでしょう。
登録に必要な情報もメールアドレスだけなので、他の個人情報を知られることもありませんし、もしメールアドレスを知られたくないというのであれば、フリーメールを使用すれば問題ありません。ただし、フリーメールの場合にはメールマガジンが届かない場合や、迷惑メールに分類されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

どのような資格を持っているのか

会社を立ち上げる時や、経営していて困った時があった場合には、経営コンサルティング会社に相談することが多いでしょうが、どのようにして経営コンサルティング会社を探しているでしょうか。企業にも色々あるように、経営コンサルティング会社にも色々とあるので、安易に選んではいけません。そこで判断基準の1つを紹介しますが、それはどのような資格を持っているかです。
通常経営コンサルティングの仕事をする場合には、中小企業診断士か経営士の資格を持っているのが一般的なので、当然無資格や他の資格を持っているという場合にはあまり頼りにならないと思ってよいでしょう。あくまで中小企業診断士か経営士の資格を基準に考えるべきです。
なぜなら資格を取得するのがとても難しいからであり、このような難しい資格を取得しているということは、その分色々な知識を持っているということを意味しています。このように資格を取得している経営コンサルティング会社の場合には、ホームページなどにしっかりと明記されている事が多いので、すぐにわかるでしょう。